【日記】カービィオーケストラコンサート東京昼

2017-04-24

4/16に友人のアデカービィ25週年オーケストラコンサートに行ってきました。
サントラの先行抽選で落ちてげんなりしてたんですけど、
その後の一般抽選で見事ドリームシート(12000円)に当選できたので行ってきました。

レポとしては多分こっちの方が詳しい
・「星のカービィ25周年記念オーケストラコンサート」東京公演が開催 - GAME Watch

東京公演の昼の部。
場所は渋谷Bunkamura、演奏はなんとあの東京フィルハーモニー交響楽団。
指揮者は竹本泰蔵さん。どっかで聴いたことあると思ったら
スマブラDXのコンサートの時も指揮者をされていた。
ゲーム系のコンサートの指揮も多くされているらしい。マリギャラ2のサウンドとかも。

自分が5歳の頃に初めて買ってもらったゲームが「星のカービィ 夢の泉の物語」で、
それ以来23年、カービィが大好きだったのでとても楽しみにしてました。

渋谷でアデと合流した時にはすでに開場待ちの長蛇の列が…
しかし、ドリームシートは別に入場口が設けられていたのですんなり入場できました。
そしていよいよコンサート開始!


1 星のカービィ25週年 グランドオープニング
初代タイトル~グリーングリーンズ
歴代のタイトルのゲーム映像が次々と表示出されていく。
このオーケストラでは、舞台スクリーンにゲーム映像を表示する演出がされている。
いよいよ始まったな、と同時にすでに泣きかける。


2 星のカービィ 夢の泉の物語メドレー
自分は夢の泉がシリーズで一番好きなので開幕からテンションが上がる。
いきなりLv8から始まり(デデデが待ってーってやるデモのとこ)、
雲の面(グレープガーデン)、海中の面(オレンジオーシャン)、エンディングと流れていく。
エンディングはナイトメア撃破~EDまでしっかりゲーム映像で流してくれて最高だった。
やっぱ夢の泉最高だわ。


MC
桜井さんと熊崎Dが出てきて、制作について話す。
憧れのゲーム制作者の桜井さんを初めて生で見て涙ぐむ。
効果音とBGMの関係性について
「ボスのBGMとボスの体力バーのテレテレテレテレテレの音を合わせるようにしてます」との事。


3 デデデ大王&メタナイト・タッグメドレー
4 星のカービィ2 なかまメドレー

ほのぼのから一転、デデデのテーマ→マスクドデデデ。しっかり背景でも戦ってる。
そしてメタナイトはメタナイトの逆襲の甲板・艦内→メタナイト戦→ED。
メタナイトの逆襲EDはオーケストラだと映えるなぁ。

仲間メドレーはリック・カイン・クーのテーマをそれぞれ。
どれもとても穏やかな感じだった。
背景で虹のしずくを回収してたのが印象深い。懐かしい。


MC
カービィシリーズのメイン作曲陣である
酒井さん、安藤さん、石川さんが登場。

桜井さん「ここの曲ははドーンでバーンでドカーンって感じで」
作曲陣「こうですか」
桜井さん「もっとドカーンって感じで!」
作曲陣「どうしたらいいんだ…」

熊崎D「ここはこうでここはそうでここはああでここはこうしてこうなって」
作曲陣「どうしたらいいんだ…」

桜井さんはイメージで、熊崎Dは事細かに指示するため苦労が耐えないそう。

安藤さん「ロボボの鶏の声は家で録音しました。」
鶏飼ってる方が驚きだよ

5 星のカービィ3&64メドレー
3はリップルフィールドの曲とピラミッドの曲。
映像で思い出したけど、子供の頃はピラミッドすごく怖かったなぁ。

64はポップスター→リップルスターステージセレクト→02
ポップスターはやはり64を代表するほのぼの名曲だよなぁ。
リップルスターステージセレクトも個人的に好きだった。あの落ち着かない感じ。

そして02。
舞台の後ろのカラーライトが曲ごとに変わっていく演出があったんですけど、
02戦の時は真っ赤になっててとても雰囲気出ていた。
ここまでは割と穏やかな感じ(大人な)演奏だったんですけど
ここに来て一気に力が入り、迫力のある演奏になってドキドキした。

MC
桜井さんとカービィの声優さんである大本眞基子さんが登場。
大本さんが会話中にいきなりぽよぽよ喋るからとろけてしまった。
生カービィボイス…いい…素晴らしい…マジで凄い…

桜井さん曰く、カービィはゲームでは中性的な(やや低めの)声、
アニメは子供っぽい(高めの)声で演じて下さいと指示していたらしい。
”演じない”で自然体で声を出してほしいとのこと。
演じてしまうと日本の声優っぽくなってしまうらしい(皮肉?)
あとアニメはアナザーワールドらしい(桜井さん曰く)

大本さん「メタナイトってカービィのお兄さんなんですか?」
桜井さん「僕が今ここで言ったらそれが公式設定になってしまうのでノーコメント」
ですよね

そしてカービィ(のきぐるみ)も登場!めっちゃぶんぶん動く
動くカービィに合わせて大本さんがぽよぽよ言っててとてもニヤける。かわいい…。
デカいケーキも出てきて、みんなでハッピーバースデーでお祝い。

大本さん「ほらパパだよー」
桜井さん「なでなで」
これは夫婦とその子供ですわ間違いない


6 星のカービィ スーパーデラックスメドレー
OPの映像とともに「0%0%0%」を完全再現で笑ってしまった。
グルメレース→洞窟大作戦→メタナイトの逆襲(戦艦マップ)
マルク戦→ノヴァ破壊~カービィ凱旋 END
グルメレースはかなりよかった。やはりグルメレースはグルメレースだわ(?)
オーケストラの生演奏と共にノヴァが爆発する映像で神々しかった。
スパデラは燃えるね~やっぱり。

ここで休憩。



7 カービィのエアライドメドレー
プランテス~マグヒート~伝説のエアライドマシン
作曲者の酒井さんが指揮者。
エアライド自体がオーケストラ音源だけあって、ホントゲームと全く同じだった。
マグヒートのサビよかったな~
あと伝説のエアライドマシンはすごかった。神曲ですわ

その流れでMC
酒井さん「自分の曲を指揮するのは緊張するし恥ずかしい。でも誇らしさもある。」
竹本さん「ゲーム曲をオーケストラで演奏するのは難しい。」
そらそうだ


8 星のカービィ 鑑の大迷宮&三条!ドロッチェ団メドレー
森・自然エリア~宇宙エリア~プレイズムプレインズ~ドロッチェ団のテーマ
この二作品は発売当時にやったっきりだから曲自体をあまり覚えてないという…。
ドロッチェ団のテーマはコミカルかつ怪しい感じで結構好き。


9 ボールになったカービィメドレー
ピンボールのウィスピーステージ、ボールのコース8:雲ステージ
ドロシアソーサレス、タッチカービィ虹の強制スクロールのステージ。
この辺もほとんどやってないんだよなぁ。ドロシアソーサレスはよかった。
タッチカービィ虹の強制スクロールはトラウマ。
ちょっと待って!?俺の好きなブロックボールが入ってないやん!


MC(開発秘話)
桜井さん登場
「こんなことをする義理もないんですけど、制作秘話のプレゼンを作ってきました。」
初代カービィについての制作秘話を話してくれました。

・とにかく容量との戦い(初代カービィの容量は64KB
・制作機材はツインファミコン
・ワドルディ/ワドルドゥの右半身は同じで使い回し
・ウィスピーの目と口は半楕円×6、体は背景
・マキシムトマトの左右反転で使い回し(Mなのは左右反転で文字になるから)
・ゴルドーも左右反転 それをさらに左右反転で動いてるように見える
・クラッコの雲の部分も反転、目玉はJr.と使いまわせる
・デデデは動きが多くて使いまわせないので容量多め
・初代のドットはほぼ桜井さんが一人で制作
・初代の敵は地形判定をしていない
→非効率な制作だが本人は新人で気づかず。敵の動きがスムーズなるメリットも
・スパデラもSFCの開発機材が来る前はFCで開発(FC版ヨーヨーの画像とか見れた)
→開発初期から作り込むことによって出来上がりが予想しやすい
・背景のこれ(∩)はなんだ?考えるな、感じろ!
・ダメージを受けたら吹っ飛びやすく、カメラ判定の外に出たら1ミス
…あれ?何処かで見たような→スマブラのアイデアがすでに出てたんですね~
ただし本人は「正直忘れてた」とのこと


10 星のカービィ トリプルデラックスメドレー
花畑のメインテーマ→セクトニアの城→タランザ→狂花水月
狂花水月も~ほんとサイコー!映像も相まってもう素晴らしいのなんの。
導入の部分の美しい旋律から激しいバトル、たまらねぇぜ。
トリデラは狂花水月を聞くためのゲーム(断言)


MC
熊崎D「カービィハンターズのジェムリンゴあげるから遊んでね!」
あいことば「カービィコンサート」


11 星のカービィ ロボボプラネットメドレー
桃玉発進~vsスタードリーム~ED
桃玉発進は爽快感があっていいよね~映像でもガンガン進んでて楽しい
vsスタードリームも迫力があった。オーケストラと非常にマッチしている。
最初のイントロの所切羽詰まってる感出ててよかったな~


MCと思いきやサプライズ
セクトニア「愚民ばっかりね」
スージー「ここは私におまかせを」
スージー「原住民の皆さん、駆除されてくださいませ!」

大本さん迫真の生アテレコ
からのハルトマンワークス社歌

いや~、掛け合いといい社歌といい最高だった…。

そして次が最後


12 星のカービィ Wiiメドレー

メインテーマ~スカイタワー~デンジャラスディナー(火山)~CROWNED~ED
いや~~~もう最高だった。
メインテーマといいスカイタワーといいほんと名曲だわ。
そしてCROWNEDですよ。やっぱ最後はこれなんだなぁ~
生オーケストラのCROWNEDはやはり格が違う。素晴らしい。


アンコール
初代ED「あしたはあしたのかぜがふく」

入り口でもらったサイリウムを折ってみんなで振りながら終わり。
サイリウムは桃・薄い青・薄紫。自分は桃でした。
ドリームシートは2Fだったんですけど、1Fに見えるサイリウムの海がとっても綺麗で
終わっちゃう寂しさとカービィありがとうという気持ちと色んな感情が混ざり合って
いい大人がサイリウム振りながらボロボロ泣いてしまった。
本当に最高だった…。



感想
なんていうか、まさに夢のような時間だった。
MCがちょいちょい挟まるから疲れることもないし、
ゲーム映像が表示されるから退屈することもないし、
開発者の人たちもたくさん出てきて、裏話も聞けたし、
あっという間に3時間半が終わってしまった。
でんぱ組の人いる?って感じだったけど

この前行ったトゥインクルスターウィンドオーケストラとの違いは、
あっちは原曲寄りだったけど、こちらは「オーケストラとしての演奏」を重視してると思いました。
演奏してる曲はカービィの曲だけど、あくまでメインはオーケストラというか。
ゲーム映像やライトアップされる演出は公式ならではだなぁと思いました。

なんていうか、上質なステーキを食べてる感覚。
しつこくなく、あっという間に通り抜けていくような。
感動を噛み締める間もなく本当にあっという間だった…。
終わってからもあそこがよかったここがよかった、というより
「終わった…終わってしまった…はぁ…」って感じでしばらくボーッとしてました。

ドリームシート12000円の価値は絶対あった。BD出たら絶対買う。
ちなみに記念品はWii組のピンズでした。まだ開けてないけど。

あと桜井さんはニンテンドーダイレクトでも感じてたけど
やっぱちょっと変わってる人だなぁと思った。皮肉家というかw

余談だけど、やはり女性率がものすごく高かった。男より多いんじゃない?ってレベル。
年齢層も若い人だけじゃなくて、おばさんおじさんも多かったし。
みんなカービィグッズやTシャツとか着てた。
あと自分の隣に座ってたお姉さんが可愛かった(コナミ)
これ(サイリウム)どうやって使うんですか?とか聞かれた。

すげーーーー楽しかった。素晴らしい。最高。
良さみがありえん(日本の若者の語彙力の定価の深刻さ)
終わった時このまま死んでもいいとさえ思えた。


終わった後、物販に並ぶ。
ものすごい長い列(館内で折り返して100mくらいあったんじゃないかってレベル)
でも、レジさばきがものすごくて15分位ですぐ買えたのがよかった。
自分はパンフとクリアファイルとマスコット。(これだけで4600円もする…)

近くの東急ハンズでカービィペイントフェアをやってたので覗いてみましたが
もうクリアファイルしか残ってなかったのでそれを購入。





その後、アデと中華街へ。
清風楼でラーメンとチャーハンと焼売とエビ玉を頼むも、量が多すぎて無事死亡。
丼いっぱいにチャーハンが来るなんて聞いてないよ。
その前にミニチャーシューマンと揚げ饅頭食ってたしね…。
評判通り焼売はうまかった。あとは割と普通かも…。
エビ玉は味濃すぎ。あれだったら聘珍樓の海老と卵の炒め物食った方がいいわ。



その後は家に帰り、アデと酒飲みながら深夜までずっとカービィハンターズをやってた。
翌日は江ノ島とか鎌倉とか散歩したいとか言ってたけど、
結局昼過ぎまで寝てて、昼間から酒飲みつつまたカービィハンターズやってた。
夜に駅前のラーメン屋でラーメンと餃子食べて解散。
こいついつもラーメン食ってんな




カービィ25週年コンサートは最高でした。
これからもずっとカービィが好きだし、もっといろんなカービィを見ていきたい。
次は30週年、ゆくゆくは50週年まで続いていくといいなぁ。

カービィは人生

だからですね、そろそろ据え置きの綺麗な画面で本編をですね…

関連記事
スポンサーサイト
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示